茨城県がキャンプ地として最も適している理由

茨城県は東京に近接し,海外からのアクセスはもとより,各競技施設から東京へのアクセスは極めて良好です。また,事前トレーニングに適した気候,恵まれた自然,豊かな食,充実した競技施設など,キャンプ地として最高の状態で皆様をお迎えできます。

一番の魅力は良好なアクセス

茨城県は東京から北東に35km~160km圏に位置しております。鉄道を利用すれば,東京都心から県都水戸駅まで約1時間,最先端科学技術の拠点であるつくば駅までは45分で来ることができます。また,県内は常磐道,北関東自動車道,東関東自動車道,圏央道の4本の高速道路が張り巡らされており,成田国際空港から水戸までは90分で移動できます。さらに茨城空港があり,海外から茨城に直接乗り入れることもできます。

東京,成田空港に近接

茨城県は東京に隣接。複数の鉄道路線と高速道路によって結ばれています

東京   → 水戸 60分

成田空港 → 水戸 90分

事前トレーニングに適した気候

茨城県は年間平均気温が約14度と,過ごしやすい温和な気候に恵まれています。また,東京オリンピック・パラリンピック開催期間前後(6~8月)における茨城県水戸市の平均気温は20度~25度,東京の平均気温は21度~26度と,開催地である東京と気候条件がよく似ており,事前トレーニングを行うには最適です。

平均気温(6~8月)

茨城県は東京に隣接。複数の鉄道路線と高速道路によって結ばれています。

水戸 20~25度

東京 21~26度

豊かな自然に恵まれた県土

茨城県は太平洋に面した長い海岸線を有し,北は1,000m級の山々が連なり,県の中央部から南にかけては広大で肥沃な平地に恵まれるとともに,筑波山や霞ケ浦など水と緑の豊かな県土を形成しております。自然が豊富に残されていることから空気は新鮮で,事前トレーニングを行うには最適です。

茨城県は食の宝庫

茨城県は農業・水産業・畜産業が大変盛んな日本を代表する県であり,野菜や果物の東京市場でのシェアは第一位です。特に茨城のメロンは種類も多く,甘くて果汁が滴ることから大人気です。畜産業では,常陸牛が大変柔らかく美味しさに定評があります。茨城の海は,さば・いわし・ひらめなどが採れる好漁場です。

充実した競技施設

東京オリンピック・パラリンピックの前年の2019年には,国内最大のスポーツの祭典である国民体育大会並びに全国障害者スポーツ大会が本県で開催されますので,それに向けて,多くの競技施設で改修が行われます。国際基準を満たすさまざまな競技施設をはじめ,県内全域の数十の競技施設で充実した事前トレーニングを実施いただけます。

ムービー